インプラント

インプラントとは

implant_img01.gifインプラントとは、乳歯、永久歯と並んで第3の歯といわれています。
これは、入れ歯やブリッジなどの治療よりも、

・ かむ力が強い
・審美的 (見た目が良い。)
・会話がスムーズ

という点からその様に言われています。
自費診療で、決して安くはありませんが、より自分らしい歯を手に入れたい方にはおすすめです。
 

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットは、

* 健康な歯を削る必要ない。
* 審美的 (見た目が良い)
* 違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。

一方で、インプラント治療のデメリットは、

* 手術が必要である。
* 治療期間が長い。(約3ヶ月~1年)
* 値段が高い。

また、患者さんの症状によって、インプラント治療が適さない場合があります。事前に綿密な検査やカウンセリングを行い、治療を行います。
 

インプラント 治療の流れ

 

implant_img02.gif

○カウンセリングとインフォームドコンセント

まず、はじめにどういった症状なのか、インプラント治療を行うとどういうことがあるのか、など、患者様の悩みを聞き、と実際のインプラント治療の概要やメリット・デメリットを知っていただきます。

○精密検査

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。十分な検査と綿密な治療計画を立てた上で、患者様に合わせた治療をすすめていきます

○インプラント埋入手術

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。このインプラントが 新しい歯の土台となります。

○上部構造の装着

インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結し、人工の歯(上部構造)を装着する準備をし、再び経過を待ちます。
その後はインプラントのヘッドに上部構造を装着します。ここでインプラントを装着する治療は終わります。

○定期健診(メインテナンス)

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、定期的な検診とホームケアなどのアフターケアを行います。